生活費が足りないなら節約するか収入を上げるかしかない

お金
スポンサーリンク

タイトル通りです。生活費が足りないのであれば節約するか収入を上げるかの二択です。宝くじを当てるとかいうウルトラCは無しです。

夫婦と子供2人の家族が京都市内で普通に暮らした場合、30代なら税、社会保障費込みで月48万6900円、40代は54万9800円、50代だと70万7500円が必要――。そんな調査結果を労組の京都総評が5日発表した。「非正規労働者にとって家族を持つことが不可能に近くなっている。賃金の底上げが不可欠だ」と警鐘を鳴らしている。

※毎日新聞より引用

この手の話が嫌いです。「普通の暮らし」って何ですか。その「普通」というのは、日本にとって戦前も戦争中も高度成長期もバブル期も少子高齢化により衰退中も衰退後も、ずっと同じ「普通」なんでしょうか

そんなわけないですよね。残念ながら日本は高齢化が進み徐々に衰退していっています。そんな中、いつまでその「普通の暮らし」というものに囚われているのでしょう。

hachi
hachi

甘えるな!無いものは無い!

収入が上がらないなら出費を見直す

この手の話題につきものなのが、「給料は据え置き」ということが前提になっています。いいでしょう。確かにこのご時世給料は上がりませんし、少々上がっても税金が上がるのでさほど手取りは増えません。だったら出費を見直すしか無いだろう。

教育では、私立幼稚園、小中高は公立、50代では長男が京都市内の私立大に進むと想定。費用は30代2万8000円、40代3万9000円から50代には13万円に跳ね上がる。うち11万円は大学生の長男の費用だ。

 調査を監修した静岡県立大の中澤秀一准教授(社会保障論)は「教育費が家計を圧迫している。必要な賃金を得ている家庭は少なく、奨学金という借金をしたり、アルバイトに追われたりと子供たちがしわ寄せを受けている」と指摘した。

 「普通の生活」は、年代により43~50平方メートルの賃貸マンションで家賃が6万1000~6万7000円▽夫の飲み会は月1回で4000円▽中古の乗用車の維持費に3万7000円▽日帰りの行楽が月1回、4人で5000円――などの内容。

※毎日新聞から引用 続き

お金が無いにもかかわらず子供を大学に行かせたいなら奨学金をもらうしかないし、アルバイトするしかないでしょう。

確かに裕福な家では必要ない苦労を背負うことになりますが、「若いころの苦労は買ってでもしろ」みたいなことを普段言う年代のくせに、こんな時だけ「子供へのしわ寄せ」とか言うなって。

「中古の乗用車の維持費に3万7000円」、批判を受けないようにあえて「中古車」と書くのもわざとらしい。

まずは車手放せば?私は関西に住んでいますが、京都と同様交通網が発達しているので車は所有していません。全く不自由していません。あれば便利でしょうが、月3万7000円も払ってまで保有したいとは思わない。これも「普通の生活」の範疇なんでしょうか。

「夫の飲み会は月1回で4000円」、逆に安くない?京都でいい大人が月一回、会社の社交辞令で付き合うものとすれば、5000円でしょう。その代わり回数を減らしましょうよ。

支出ありきで生活するから足りなくなる

「普通の生活」が何を指すのか知りませんが、〇〇歳なんだから、子供がいるんだから、近所の付き合いがあるからなど、「支出ありき」で生活をするから足りないとか言い出すんです

逆です。「収入ありき」なんですよ。収入以下の生活をしていたら足りなくなるはずがない。それではまともな生活ができないって?

まともって何ですか。収入が足りないくせに収入を上げることはできない、生活の質は下げられない、でも国が悪いと文句は言う。

時代は刻々と変わっているわけですから、一生懸命働けば、みんなが結婚してマイホームを手に入れて車は10年に一度買い替えて、家電は適宜新しいものを揃えて子供は二人以上でみんな大学に通う。そんなのもう無理ですよ

節約生活のススメ

私は物欲が少ないため欲しいものがあまりありません。最近家電が潰れるラッシュに見舞われて急な出費がかさんでおりますが、服も清潔感さえ保てれば新しいものは必要ありません。

平日は妻がお弁当を作ってくれるし、水筒持参なので財布から1円も使うことはありません。間食もしないのでコンビニに立ち寄ることすらない。

上述したように車も持つ気はありません。別にお金に困っているわけではありませんが、無駄な出費をすることがストレスになるので自然とそういう生活になっているのです。真似をしろとも思いません。お金がある人はどんどん使えばいいのです。私みたいな人間ばかりだと経済が滞る。

ただ「普通の生活ができない」と騒いでいる人に限ってしょっちゅうコンビニで細々とお金を使っているでしょう。「普通の生活」なんか収入に応じて変わるのだから、人と比べたって仕方がない。

いつまでも日本の一番豊かだった時代(私はその頃より今の方が物質的に恵まれていると思いますが)のイメージで生きてても仕方がない。繰り返しますが、「無いものは無い!」んですよ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました