前日比+330万円 もうついていけん

投資
スポンサーリンク

平常時は「日々の株価の上下に一喜一憂してはいけない」と言って、100万円ぐらい資産が増減しても気にも留めていませんでしたが、もう今の相場は無茶苦茶だ( ゚Д゚)

一喜一憂したくなくても、インパクトがでかすぎるだろう(笑)

ダウ2000ドル上昇

昨日はダウが2000ドル以上上昇しました。こんなの見たことある?リーマンショック後から投資を始めていますが、いかにこの5年程が「穏やかな相場」だったことが分かります。

おかげさまで私の資産も前日比+330万円と回復しました。

hachi
hachi
 

でも先月末まで6000万円あったんだけどなー。懐かしいなー(白目)

今までたたき売られていたもののテクニカル的な反発でしょう。どれだけ売り浴びせられていたんだ( ゚Д゚)

正直コロナウィルスのニュースを見てていいことなど全く出てこない。

むしろ今後企業への影響がどんどん「具体的な数値」として公表されてきたら、とんでもないことになるのではないかとドキドキしています。

個別銘柄で見ると上昇にばらつきが出ている

歴史的な爆上げを見せてくれた米国市場ですが、個別株で見てみると相当ばらつきがあります。何でもかんでも10%上がっているわけではないんですね。私の保有株内でも優劣がはっきりしています。

【上昇順】

マクドナルド +18.12%(すごすぎ)

ゼネラルエレクトリック +14.73%

ビザ +13.84%

エクソンモービル +12.68%

アップル +10.03%

マイクロソフト +9.08%

ジョンソンエンドジョンソン +7.12%

アルトリア +6.02%

P&G +5.70%

コカコーラ +5.03%

こうやって並べてみると、直近でたたき売られていたディフェンシブ銘柄の戻りが弱いです。マクドナルドはもはや異常値を叩き出していますが。

市場が好調時にはハイテク株に差をつけられ、下落時にはハイテク株と同じく叩き売られ、反発が緩やかであれば、パフォーマンスが悪くなるのは当然ですよね。

hachi
hachi

今回のコロナショックで、今までディフェンシブ株と呼ばれていた銘柄の評価が変わったでしょうね

ところでコカコーラの業績が低迷するのは何となくわかる。いくら日常的にコカコーラが飲まれていても、やはりパーティやスポーツ観戦時の消費量が見込めなければ売り上げは落ちるだろう。

しかしP&Gはなぜここまで落ちるんだろう。人が外出しないから化粧をしないのか?外で衣類を汚さないから洗濯しないのか?一般消費者として色々と想像してみるが、よく分からない。

乱高下に一喜一憂しながら生き残ります

この相場で「一喜一憂するな」というほうが無茶というものでしょう。だって寝て起きたら資産が数百万円消えたり戻ったりしているのだから(笑)

今日は給料日で、給与口座に30万円程度振り込まれているでしょうが、その10倍の金額が日々消えていくわけですよ。月々ではなく日々ですよ!?そんなもん、一喜一憂するだろう。

hachi
hachi

私は相場に一喜一憂しながら生き残ります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました