自宅待機は節約のチャンス。家にいよう。

お金
スポンサーリンク

コロナウィルスの感染が止まりません。毎日感染者数が最多を更新しているので、「日本では蔓延しない」なんて言うのは嘘だったのでしょう。多少のタイムラグはありましたが、あんなに人口密度の高い東京で感染爆発しない方がおかしい。

そんななか、関西の住宅街に住んでいる父親が今でもゴルフに行っているという話しを聞いた。

「ゴルフは野外だから大丈夫」だそうだが、そりゃ外でポンポン玉を打っている間は大丈夫だろうが、ロッカーとかレストランとか風呂とか行くだろうから、今はやめておけよと説得しましたが、聞く耳を持たない。

志村けんさんが70歳で亡くなって、自分も72歳だというのに全く聞き入れない。学生時代は空手ばかりやっていて、定年までフルマラソンを走っていた体力には自信がある人だ。

この手のタイプは何を言っても聞かないんだよ。これだけ感染者が増えていても、なぜか「自分には関係ない」という人は絶対にいて、理由をつけて外出するんだ。自分が自宅待機していても無意味に思えてくる。

hachi
hachi

もう家にいろって

仕事がなくなり自宅待機中

さて、私は元々登校拒否で引きこもり体質でもあるので、「外出するな」と言われたらそれはそれで結構です。人気のない早朝のウォーキング以外はほぼ引きこもっています。

仕事も会社からの指示で「不要不急」の外勤は禁じられています。そんなこと言われたら営業職など存在自体が「不要不急」で仕事なんてありません。

おまけに私が勤めている企業が入居するビル(他社様)から一人コロナウィルス感染者が出たらしく、「2週間例外なく外勤禁止令」が出ました。

hachi
hachi

他社様から感染者が出ただけで一瞬で決断する弊社、グッジョブです。これぐらいの決断力と強制力が無いと、結局理由をつけてみんな外に出たがるからね…。

自宅にいたらお金を使いません

色々な「節約術」がありますが、やはり究極はこれでしょう。

家から出ない( ゚Д゚)

何てシンプルな節約術なのでしょう。家にいると光熱費は余計にかかりますが、一番余分にお金が消える外食をしないため、本当にお金を使いません。

私は通常に仕事をしているときは妻がお弁当を作ってくれるし水筒も持参なので、平日は自分のお財布を出すことがありません。

コンビニに立ち寄るのは仕事で使う資料のコピーのときだけ。もちろん経費なので私の出費ではありません。「ついで買い」なんか絶対にしません。

それでも仕事をしていると、会議後の懇親会や、同業他社様からの飲み会のお誘いなど、ちょいちょいと出費があるんですよね。すべて断ればいいのですが、今のところ仕事関係はできるだけ行こうとしています。

飲み会代が無くなるのは大きい。この機会に無くなればいいのに。

週末は家族でランチをすることも多いです。妻と子供(3歳児)と合わせて2000~3000円ですが、今は完全自宅ご飯です。

元々物はあまり買わないほうなので、もうお金を使うところがありません(笑)

収入は減ったが、自宅待機のおかげで十分貯金できる

会社から外勤を禁じられているので、営業手当と残業手当が無くなりました。合わせて月7万円~8万円の収入ダウンです。正直痛いですが、自宅待機のおかげで出費が減っているため、十分貯金は出来そうです。

hachi
hachi

7万円もの収入ダウンはさすがにカバーできないけどね

仕事が無くなって収入が大幅に減った人は厳しいでしょうが、サラリーマンで当面の収入は保障されている人は、せっかくの機会だから節約しましょう。

やり方はほら、めちゃくちゃ簡単じゃないか。「現在政府から要望されている通り、家にいるだけ」だよ。シンプルで効果的で誰にも迷惑をかけず、さらに国の方針に沿った行動だ。

こんなに素晴らしい節約術、他に無いだろ。

hachi
hachi

だから家にいろって

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました