【銘柄選択】勧めている人がいつ買ったか、いくら買ったか

投資
スポンサーリンク

久々にお酒を辞めて気分すっきりな管理人です。今晩も控える予定です。

hachi
hachi

完全には辞められないでしょうが、こうやって休肝日を作っていきます

皆さんは個別銘柄に投資する場合、銘柄選択はどうしているでしょう。一部の猛者を除いて、完全に自分で調べて「誰の意見も参考にしない」人は珍しいんじゃないでしょうか。

大体は玉石混交のブログや本に載っているオススメ情報を参考にしてますよね。私もそうでした。いや、正確には今でもVOOやQQQも、どこかの誰かが推奨していたものです。

本当の意味で中身を理解して買っているわけではありません。

紹介している本人はその銘柄を買っているのか

世の中には本当にたくさんのブロガーが銘柄分析をしていて、読んでいて凄いなーと思います。時々私が勤める会社の銘柄も分析されていて、「よく分かってるねー(笑)」と感じます。的外れなことを書いている感じもしません。

ただ一つ疑問があります。たくさん銘柄紹介をして、「〇〇な条件を考えると買いです!」みたいなことを書いている人・・・「お前、本当にそんなにたくさんの銘柄買ってんの?」ということです。

記事が面白いので遡って色々見ると、一体どれだけの銘柄を分析してるんだと。

hachi
hachi

もしかして分析だけしているけど購入していないとか?

ネットでブログを読んで他人が書いた銘柄分析を読んで勉強した気になっても、結局はここに行きつくんですよね。その分析後、そいつは”勝負したのか”と。

多くの場合、結果が載っていないんですよ。業績の過去と未来予想を書いているだけで、株価が上がるのか下がるのか、もしくは最終的に購入して儲かったのか否か。

その銘柄をいつ買ったのか

「いや、私は自分でも買っているぞ!」というブロガーもいるでしょう。

そしてその方をイナゴする場合は”いつ買うか”で見える世界が変わることに注意です。

例えばアルトリアに関して、私はタイミングが良くなく投資に失敗していますが、最近は少し戻しつつあります。

いくら「高配当だ!」、「タバコには高い参入障壁が!」と言っても、この5年間で、70ドル台で買った人、60ドル台で買った人…そして30ドル台で買った人では見えている世界が全く違います。

「永久保有」とかかっこいいこと書いている人がいたとして、その人がいくらで買ったかですよ。

30ドル台で買った人が言う「永久保有」と、未だ含み損垂れ流しの70ドル台で買った人が言う「永久保有」では説得力が違うでしょう。

hachi
hachi

まあ、本当に永久保有であれば30ドルも70ドルも”誤差”なのかもしれないけど、私は短気なのでそう思えない

その銘柄をいくら買ったのか

これも結構重要。

「ウェルズナビがオススメ!私も利用しています!ほら証拠画像!」みたいに実際の運用写真を載せる人もこの手を使います。いや、その金額はあなたにとって小銭やん…。

その銘柄を50万円買ったのか、5000万円買ったのかで全く意味合いが違うでしょう。

私も友人の勧めでZOOMを買いましたが、100万円ですよ。今の資産額で考えると、遊びと割り切って買っています。

hachi
hachi

こんな金額を購入したところで、とても人に勧める気はありません。

もし私がZOOMに3000万円ぐらい投入したら、「いくぜっ!勝負だ!続きたい奴は続け!」と書いてもいい気がします。そんなこと書かんけど(笑)

そういう視点で見ると、ピッフィーさんとかスピンさん、ぽすとさんがすごく誠実だと私は感じます。いつ、どの銘柄を、いくら買ったかはっきり伝えているし、下がっても隠さない。

詳細な銘柄分析を出しても、結局買ったかどうか分からん、買ってもいくら買ったのか、儲かったのか否かが見えてこない人が出している情報より、よほどためになると思うのです。

hachi
hachi

投資で参考になる情報は生のものでしょう

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投資
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

  1. あかいろ より:

    あと年がら年中、暴落暴落いってる(自称リタイアブログなのになぜか
    米国株カテゴリだけに登録している)暴落おじさんね。
    暴落する自信があるなら空売りすればいいのに。仮にも米国株ブログなら尚更ね。

    • hachi hachi より:

      あかいろ 様

      Twitterにも年中暴落警告を出している方いますね。いや、いずれ暴落が来るかもしれないのは分かっているけど…いつ来るのか教えて欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました