資産が少ないとS&P500の利回りでは増えない。かといって高い利回りが成功する前提もおかしい。

投資
スポンサーリンク

昨日出張から帰ってきましたが、本日よりまた出張です。最近スケジュールが変になっている管理人です。

hachi
hachi

土日はほぼ仕事していたし、最近休んだ記憶が無いなー。でもそこまでストレスにはなっていません(多分)

入金力が少ない、資産が少ないとS&P500への投資では足りない

S&P500の平均利回り(期待値)は7%だそうです。本当かどうかは分かりませんが、実感としては地味な値動きです。

年間で100万円も入金できず、例えば300万円ぐらいの資産を全額S&P500に投資したとしましょう。福利だ福利だと言っても、このペースでは大して増えませんよね。

20年、30年と続ければ誰でもお金持ちになれますが、多くの方は長期投資と言いながらそんな悠長な感覚では我慢できないでしょう。

hachi
hachi

よくて10年ぐらいじゃない?20年先の話をされても、実感わかないし後20年も働くのかよ!って思ってしまいますよね。

収入を上げろって言ってもそんなに上がるわけでは無いし、300万円~400万円ぐらいの資産がS&P500への投資で短期間に10倍になるとも思えません。

個別株は1年で10倍になるかもしれませんが、S&P500は1年で10倍になることは絶対に無いでしょう。

だから「S&P500の利回りでは足りない!個別株、いやビットコインで勝負だ!」という気持ちもわかります。

S&P500以上の高い利回りが成功する前提

資産が少ないからS&P500のような緩い利回りでは間に合わないから、もっと高利回りの商品に投資するべき!という論調も見かけます。実際に取り組んでおられる方もいます。

分かる。分かるんだけど、”成功する前提”かよ。

もちろん失敗も覚悟しているだろうけど、もとを辿れば100万円を貯めるのも大変なほど収入が低く、やっと貯まった300万円でしょう。

半値以下になって、再度貯めるのにまた5年とかかかるんでしょう。

・・・厳しいですね。

自分の知識と嗅覚でS&P500のリターンを超える必要があるわけです。「S&P500じゃ間に合わないから個別株!」って言いますが、そんな簡単に増えるなら苦労しません。

つくづく資本主義は金持ち有利に出来ていると感じます。何億も持っている人なんか、米国債レベルでいいんじゃないの?

収入を上げるのも難しい。S&P500のリターンでは間に合わない。個別株で外したら再起に時間がかかる。

hachi
hachi

やっぱ投資の嗅覚が無いと這い上がるのは難しいのかな

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投資
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました