米国株は素晴らしいが、どうしようもない銘柄(GE)もあるわけで

雑記
スポンサーリンク

本日もお休みですが、出勤予定です。そんなに苦にはならないのですが、もはや苦にならないことが異常なのかもしれません。

hachi
hachi

連休明けより月末月初の提出書類に追われる予定なので、今できることを終わらせたい性格なのです。まともに休めるのは8月2週目からかな…。もうお盆やん。

管理人の汚点銘柄

ホルダーの方がいたらすみません。私もホルダーなのでご容赦を。

日本高配当株→米国高配当株→VOO,QQQとどんどん退屈な投資へと流れている管理人ですが、その過程で手を出したゼネラルエレクトリックがあります。

当時バフェット太郎氏とGE坊や氏のプロレスが楽しすぎて、「こんな楽しい銘柄を買わずして米国株を語れない!」と、訳の分からない理由で密かに買って応援していました。

失敗でした( ゚Д゚)

今でもなぜ買ったのか、よく分かりません。二人のプロレスが楽しいからって、「俺も買ったぞ!そのプロレスに混ぜろや!」とブログで発信するわけでもないのに、なんで買ったんでしょう。

しかも実は、ゼネラルエレクトリックがどんな会社か、未だによくわかってないんですよね。

hachi
hachi

いや、それは調べろよというのはごもっともなのですが

何の会社化もよく分からないまま購入したのが2017年、22ドル付近です。

当時それでも相当落ちて、もうさすがに底じゃないの?という雰囲気すら出ていましたが、その後数年かけて低迷し、6ドル台まで落ちています。

hachi
hachi

もうね、笑うしかない

こんなものに無限ナンピンしていたら、ブラックホール並みに資産が抜けていくよ。おまけにこの間、配当金もほぼ出さなくなり、もはや一人負け状態です。

市場全体が下がっているなら仕方がないけど、S&P500はリアルタイムで高値を更新し続けている5年間でこれだからね…。

二度と浮き上がらないかもしれないという個別株の恐怖

私は個別株を処分し、VOO,VYM,QQQへ投資しているのですが、未だにGEが残っています。もちろん赤字のままです。

全体から見たら大した額ではないのですが、VOOもVYMもQQQもかなりの含み益を出してくれている中、一人だけマイナスで居座り続けています。

個別株の怖さはここにあって、銘柄選択を失敗した場合、もう二度と上がらないのではないかと思えてしまう。そもそもこの企業、もう終わっていくんじゃないかと。

もちろんちゃんとした知識があって、深い企業分析ができる方であれば、GEの本質を見て追加投資、撤退を決められるでしょうが、普通の人は株価を決定している市場の評価以上の企業分析なんてできないでしょう。

個別株に投資する場合は、撤退の決断ができないと危ない。米国株とは言え、どうしようもない銘柄ってのはあるわけです。

それを掴んでしまった場合は、潔く認めて撤退が必要ですね。

hachi
hachi

ところでGE坊や氏は損切りしたんだっけ。なかなか厳しい銘柄に傾注したもんだね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました