私にとってお酒とは何だったのか

雑記
スポンサーリンク

断酒して15日が経ちました。特に飲み納めも無く、何となく「今日から辞めてみようかな…」と思い、冷蔵庫からアルコールフリーのドライゼロを取り出し、その日を乗り切りました。

そのまま流れるように断酒をスタートさせて、気が付けば15日です。今でも夕方になると飲みたい欲求は襲ってきますが、断酒し始めの数日ほどではありません。

hachi
hachi

飲まないことが前提になっているからね

私も以前は機会飲酒(と言うよりほとんど飲まなかった)のですが、仕事をしている間に上司に連れまわされ、少しずつ自分でも飲むようになり、気が付けば365日飲むタイプになってしまいました。

仕事や勉強など、やると決めたら継続力はあるほうだと思っていますが、お酒の中毒に対する体制は弱かったようです。

心が弱いんでしょうね。

週末に飲み始めると、先ずお酒が第一になりそのために食事の準備、片付けをして、その後は家族が何を言ってもひたすら飲んでいる状況です。

時折妻が飲みすぎを指摘すると、「週末ぐらい・・・」と腹が立ち始めている自分に気づき、ちょっと危ないなと思い始めていました。

中毒の判断基準に、身体の心配をしてくれる家族に攻撃的になるというのがあります。喧嘩をするようなレベルではありませんでしたが、進行するにつれ、あり得る話ですね。

たった15日しか経っていませんが、本当に辞めようと思い始めています。

お酒にまつわる出費云々は特に気になりませんが、今後の人生、このままだとアルコールに支配されそうな気がしてきたからです。

厄介なのが、私のようなタイプは1回でも飲むとまた初めからやり直しになるということ。機会飲酒ができる方が本当に羨ましいです。

確かに今までも平日禁酒チャレンジはしていたのですが、数日飲み倒した後の次の日、辞めるのが辛い。それを毎週繰り返していました。

もうあの葛藤もしんどいので、このまま辞めたほうが辛い思いをしなくて済みます。

妻からは「そこまでしなくていいんじゃない?」と言われるのですが、2週間以上辞めてもなおアルコールのことを考えてしまう怖さも感じていて、確実に中毒の方向に進んでいたのだと感じます。

さて…意志の弱い私ですが、どこまで続くか、行けるところまで行ってみます。

hachi
hachi

もちろん、飲んだら包み隠さず報告します。どんな理由であれ…負けたのだと

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

                     

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました