今年の年収着地も見えてきた

雑記
スポンサーリンク

管理職になってからというもの、年収におけるボーナスの割合が低くなってきているので、年の半分が終わった今ぐらいから大体の着地が見えるようになります。

いいのか悪いのか…ですね。基本給が高いのはありがたいのですが、頑張っても頑張らなくても今年の収入は同じというところはどうなんでしょうね。

ただ頑張らないとすぐ落とされるのですが(笑)

恐らく今年も1200万円ぴったりぐらいで終わると思います。

このブログを始めた頃が1000万円届くかどうかのところだったので、数年で200万円程ベースアップしたということでしょうか。

ありがたいけど、1000万円超えたあたりから正直実感もありがたみも無くなってきました。

ある程度の年収を超えたら幸福度は横ばいと言う話しを聞いたことがあるけど、こういうことかな。

これが1500万円を突っ切ると税金の関係でだいぶ裕福になるらしいけど、私の場合それは無理か達成したとしても定年間近ですね。

上層部は平気で2000万円、3000万円と貰っているらしいので、恐ろしい連中だなと思います。

さて、一度基本給が上がると例え降格になってもあまり下がらないので、今後は1100万円~1200万円のレンジで行く感じになるでしょう。

そしてあらゆる手当や控除が削られていきます。「お前ら超裕福なんだろ!?」みたいに悪者扱いされて。

ふう…なんか悪いことしたっけな。それなりに払っている方だから、多少愚痴を言わせてもらってもいいでしょう。

ただ腹が立つことも多いけど、この国が好きだし他の国で生きていける自信も無いので、多少の愚痴は飲み込みつつ税金を払い続けます。

hachi
hachi

もうすぐ40歳。やる気もだんだん減ってきたし、私の労働者としての打ち止めが見えてきたな

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました