どうやって出世していくか真剣に話し合ってくれる上司

雑記
スポンサーリンク

昨日は上司と久々にしっかりと面談していただきました。陰キャなのか陽キャなのか未だによく分からず、本当は明るい方なのに忙しすぎて無口になっているのかなと思っています。

上司「hachiはもうすぐ40歳か。あと5年ぐらいを目途に出世を狙いたいな」

「いや…私もういいですわ…」と言いそうになりましたが、それを言うと排除される(成長が全て)文化なので、適当に話を合わせていました。

激務過ぎて体調不良になり、その時点で排除かと思いきや意外と人事の手厚いサポートで気が付けば元に戻っている管理人ですが、もう出世コースからは外れていると思っています。

そしてそれでいいです。

上を見れば年収2000万円や2500万円などがゴロゴロしている会社ですが、もうオーラが違い過ぎるし仕事量というか、仕事にかけている気合いが桁違いです。もちろん私の上司も然り。

私のように飄々と真面目に仕事をしていたらいつの間にか出世していたタイプは、ここが限界なのでしょう。ここからは”人を蹴落とす”ぐらいの意気込みが無いと上がれなさそうです。

30代では早めに出世したほうだと思いますが、40代に突入すると普通です。確かにあと5年で上に上がればかなり順調に出世している流れになりますね。

…やる気ねー( ゚Д゚)

真剣に話をしてくれた上司に申し訳ないのですが、ちょっと今は仕事以外の人生の方が大事だと感じています。

hachi
hachi

冷めたな…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました