200万円が大金と言われてもピンとこない

雑記
スポンサーリンク

雑記です。ああ、いつも雑記か。もはや”情報提供”なんて立場ではないブログであることを自覚しております。

ひとつの趣味?として小説を読むのですが、大体2~3日に1冊以上のペースで読んでいます(仕事しろ)。年間100冊以上読んでるかな…。

歴史ものが2割、残りの8割はミステリー系というのでしょうか。大体人が死ぬやつを読んでいます。

妻からは「気持ち悪いか怖い本しか読んで無いよね」と突っ込まれます。

まあそれは好みの問題だから許してくれ。

それでだ、小説の中で色々な理由で人が死ぬわけだけど、お金絡みが多いわけですよ。

200~300万円で人の人生が決まってしまうような物語がめちゃくちゃ多い。

借金して首が回らなくなって犯罪に…というパターンも200万円ぐらいだったりするし、とにかく”大金”扱いがこれぐらいの金額なんですよね。

感覚が麻痺しているのだろうけど、それが大金だという実感が無いんだよ…。

すんげーどろどろとした人間関係とか犯罪の背景にあるのが200万円だったりすると、内容は面白いのだけどぴんとこないというかね。

おそらく子供の頃から親がそれなりに裕福だったため、お金に困ったことが無いからこういう感覚なのかな。

本当に困ったら今でも親は200~300万円ぐらいは融通してくれるという安心感はあるし、そもそもその金額を貰って何か劇的に人生が変わるのか…という感覚もあります。

今も少し強めに株価や為替が動けば、1~2日で200~300万円の資産が増減するから、更に実感が湧かないんだろうな。

私みたいな小物でこれだから、名門の家系に生まれた大物議員さんとかはもっとだろうね。

hachi
hachi

そのくせ日々の1000円はもったいないと感じるわけだから、よーわからん金銭感覚だわ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント