受験英語の是非

英語
スポンサーリンク

人によって差はあれど、多かれ少なかれ皆さん受験のために必死になって英単語や文法書を読んだことがあるのではないでしょうか。そしてあれだけ勉強したにもかかわらずなぜ自分は英会話が出来ないんだ!と思う方もいるでしょう。

日本人は受験英語ばかりしているからいつまで経っても英語が話せない。文法、単語中心で実用性が無い、などと言われますね。私の意見は違います。

スポンサーリンク

受験英語は実用性が無いという誤解

日本人は中高と英語を学んでいるのに、受験のための英語ばかりやっているからいつまでも会話ができないんだ。もっと実践的なものを学ぶ必要がある!単語や文法なんかやらずにとにかく英会話だ!なんてことよく聞きませんか。

これは英会話産業のうたい文句だから騙されちゃだめよ(笑)

言語学習に受験英語も英会話も無い

受験英語だろうが、英会話だろうが、同じ言語です。そこに差があるわけがありません。受験で用いる英単語と、会話で用いる英単語で語源が変わるわけでもあるまいし、まったく同じものです。

もっと言えば、英会話(Speaking)も、WritingもReadingもListeningも同じ英語です。どれかのスキルだけが必要で、どれかが必要ないなんてありえません。すべてのスキルは密接に関わっています。

受験英語の非効率性

少しずつ改善はされてきていますが、確かに今現在の英語教育は効率的でない部分もあると思います。

穴埋め式で言語を学ぶというよりはパズルを解いているような問題もあり、単語と文法の記憶を中心にしているため、おおよその理解で突破できる問題が多いです(最難関大は違うかもしれませんが)

日本の義務教育はインプット中心なので、アウトプットも少し混ぜたほうがいいとは思うのですが、試験にそれが求められていないのでやりませんよね。この部分は改善されつつありますが、まだ足りていないです。

ただ、勘違いしないで欲しいのは日本人が義務教育で英語を学んでも英語を扱えるようにならないのは、受験英語だけのせいではなく単純に学ぶ時間が足りていないのです

学んだことが無駄になっているわけではないことを受験生は知っておいてほしい。必ずその知識は役に立つものであることを

スポンサーリンク

言語を習得するのに必要な学習時間

私、中学高校と結構英語勉強してるのに全然会話ができないんです。だから英会話を学びたい」こんなこと言いながら英会話学校に見学に行く人は格好の餌食になるので気を付けてくださいね(笑)

上述した通り、英語と英会話は別物のわけがありません。受験英語だろうが英文法だろうが英単語だろうが、全て一つの言語です

受験英語を頑張ってきたのに英語が話せないのは、あなた自身や受験英語に問題があるわけではありません。単純に受験を目的とした勉強だけでは、学んだ時間が足りないだけです。

第二言語として外国語を学ぶ場合、基礎的な理解が得られるまでに2000時間程度必要だと言われています。それが最低ラインです。

2000時間ですよ?皆さん中高と勉強してきたと思うかもしれませんが、中高生はその他の科目も勉強しているので、実際英語に割いている時間は思ったより多くありません。

繰り返しますが、あなたが英語を扱えないのは、受験英語システムのせいではなく単に勉強時間が足りていないだけです。

スポンサーリンク

”英会話”という謎のジャンル

英会話学校は文法や単語を中心とした受験英語を否定し、「勉強してきたのに話せない!」という人に対し、「英会話」という謎の分野を作り出して客を集めているのです。そもそも言語なんて「会話」だけで成り立つわけないじゃないですか。会話のもとになるのは文法と単語ですよ

発音、スピードの要素が関わってくるので会話の重要性ももちろんありますが、基礎となるのは文法力、単語力、文構成力です。これが基礎に無いと会話なんて出来るわけがない。

発音に関しては少々悪くても会話は成り立ちます。中東諸国の方々が話す英語は相当訛りが強いですが、基礎力が高ければ問題にはなりません。

スポンサーリンク

受験英語、義務教育のアドバンテージ

受験英語は無駄と思っている方もいるかもしれませんが、ちゃんと小中高と英語をこなせば、ある程度基礎的な英語力が等しく身に着くということはものすごいアドバンテージですよ。

もし学校を卒業して本格的に英語を学びたいと思ったときに、それまで受験英語として培った知識は必ず役に立ちます。私も初めて英会話学校なるものに行ったとき、同い年ぐらいの人と良く話していましたが、有名大学卒の人たちはやはり基礎力が違うと思い知らされました。

もともと知っている知識が多いので、どんどん実力が上がっていく。私は彼らに追いつくのに必死で勉強した記憶があります。

基礎力の違いは本格的に勉強したときに歴然として現れます。 極端な例を言うと、英語以外の言語、特に非ヨーロッパ語族でそれこそアラビア語を学びたいと思ったときに、その違いは歴然です。まずは文字から覚えなくてはだめなわけですから。

スポンサーリンク

最後に

受験英語を手放しで礼賛することはありませんが、現在のシステムとして広く浸透してしまっています。それはそれとして、インプットをしっかりしてもらえると思って勉強したらいいでしょう。

私は自分の子供にはそう伝えるつもりです。同時に、もし自分で英語を扱えるようになりたかったらアウトプットの機会を作ればどうかと提案します。

現状のシステムのせいにするのではなく、与えられたものをどう活用するかを考えるのが大切です

コメント

タイトルとURLをコピーしました