働く、節約、投資するが基本スタイルだが、ひもじい生活をしてまでリタイアしたくない

お金
スポンサーリンク

私の今の生き方はよく働き、適度に節約し、思いっきり投資するということですが、リタイア後も同じように生活したいかというと、そうは思っていません。

何も散財したいとは思いませんが、やりたいと思ったことは実施できる環境になっておきたいんですよね。今は時間が無いという言い訳が成り立ちますが、リタイアしたら時間はあるわけで、もし制限があるとしたら育児、健康、お金じゃないですか。

hachi
hachi

育児はいずれ終わるので、結局リタイア後に問題になるのは健康とお金でしょうね。

リタイア後の優雅な生活を送るために今働く

いくら貯めたらリタイアしていいかなんて人それぞれだし、一度やめても暇になって再度働く人もいるでしょう。

私は自分の性格が怠惰なことを知っているので、一度辞めてしまうと元に戻れないと思うんですよね。そして今の職場環境がそこまで酷くないので、現状には非常に満足しています。だからこそ今働けるだけ働き、増やせるだけ資産を増やしておきたい。

私は一度ストレスにより退社寸前まで追い込まれているので、人間ダメになったらとことんダメなんだということを身をもって知りました。

今もう一度同じ状況になったら、次はリタイアも視野に入れると思います。そもそも世帯での資産は7500万円を超えているので、今後節約して生きていくのであれば今すぐやめてもいいところまで来ています。

資産はあればあるほどいいに決まっている

「リタイア、いくらあればできる」みたいなキーワードは日々検索されているでしょうが、それを決めるのは自分です。人によったら2000万円で引きこもる人もいるでしょうし、1億円あってもまだという人もいるでしょう。

私は正直1億円では足りないと思っていますが、万が一今すぐ辞めなくてはいけない状況になれば、節約して生きていくことは可能です。

資本主義社会では資産はいくらあっても困ることはありません。とにかく人生の前半に資産を貯めた人間が後半豊かに暮らせるようになっているのです。

自分が今現在効率的にお金を貯める術(私の場合労働)があって、そこまでストレスが無いのであれば今は貯める時期だと思って働いて節約しています。

リタイア後の展望

私は旅行が好きなので、ある程度地方に住んで家賃を抑えながら、国内外を旅行したいと思っています。しかも貧乏旅行ではなく、いいホテルに泊まりたいのである程度出費がかかる趣味だと思います。

それを夫婦で実施可能にするぐらいの収入を配当金で得られるようになるか、仕事がストレスで辞めざるを得ない状況になるまでは働くつもりです。

やっぱりもう少し労働者として生きていくしかないな。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました