260万円が吹っ飛ぶ

投資
スポンサーリンク

米国株に投資している方々は、今朝もれなくきれいな「おはぎゃぁぁ」を経験されたのではないでしょうか。私は三連休妻の実家にいたこともあり、昨日は疲れていたのか21時頃就寝したため、全く「寝耳に水」状態で今朝の株価に遭遇しました。

hachi
hachi

週末ほとんどニュースも見てなかったから、二度見どころか三度見しましたよ(笑)

前日比260万円ダウン

保有資産額が増えると、大きく下落した日はなかなかのインパクトになってきます。

hachi
hachi

前日比260万円マイナスって何よ(笑)

本日は給料日で、家賃とか積立投資を引かれて銀行に30万円入金されましたが、もはや何か月分の生活費が一日で消えてるのかと。

衝撃には慣れておりますが、何度経験しても気分のいいものではありませんね。しかし、この程度の下落を理由に買い増しする気はありません。

これが何日も続くとちょっと怖いですが、一日の下げ幅が大きくても、今まで順調に上がり続けて来たものの調整だと思えば大したものではありません。たかだか数%ですよ。

下落幅の小さいディフェンシブ株

市場平均、そしてハイテク株と比較してディフェンシブ株と呼ばれる銘柄は下落幅が小さいです。こういう時こそ頑張ってくれていると感じます。

P&Gは前日比ー2.68%、マクドナルドに至っては₋1%程度です。よく頑張った!

そして上がり続けていたアップルはー4.75%と大きく下落。これは当然でしょう。それでもここ最近投資した人はもれなく含み益状態のはずです。

さて問題はアルトリア。なぜにお前はアップル並みに下がるんだ!?

もともとでもこの数年間下落に下落を重ねて、コロナウィルスの影響で経済活動に陰りが見えたというタイミングで、なぜハイテク並みに下がるのか。

hachi
hachi

こいつ…一応ディフェンシブ株だっけ?

他が上がっているときに上がるどころか下がり、他が下がったらトップクラスの勢いで下がる。どうなってんのもう(笑)

一日の下落インパクトは大きいが、投資方針は変わらない

今回の下落を受けて、私の方針は…「何もしない」です。この程度の下落では何もしません。同規模の下落があと三日ぐらい続くのであれば焦りますが、たったの数%です。知れてますよ。

市場はコツコツドカンで下がるときは一気に下がる傾向がありますが、長期的に見たらずっと右肩上がりで伸びてきたのです。多少の下落局面があっても不思議ではありません。

不必要に慌てるとろくな結果にならないので、凡人投資家はウィルス対策をきっちりして気絶しているのがいいと思いますよ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました