確定申告を終え身も心もスッキリ

雑記
スポンサーリンク

日米市場ともに連日強烈な下げに見舞われておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は今回の変動で何一つ売買せず、普段通りすごしています。確かに二日間の下げ幅としてはセンセーショナルでしたが、高値更新し続けていたものが削ぎ落とされただけです。大したことじゃない。

hachi
hachi

この程度で慌てるぐらいなら投資額を減らすかそもそも止めた方がいい。

2019年確定申告提出完了

話はそれましたが、本日税務署に確定申告書類を提出してきました。毎年のことですが、作業し終わって税務署に出したらスッキリしますね。あとは問題なく処理されることを願うだけです。

子供の頃に父親が確定申告の時期になると非常にイライラしながら(短気な父なのです)領収書を整理し、母親が領収書を紛失しようものなら怒鳴り散らしていました。

それを見ながら、「大人になるって大変なんだ…」と思っておりましたが、実際に自分でやってみて感じることは、私はこの作業全く苦になりません。

性格的なものでしょうね。むしろ好きなぐらいです。仕事よりずっと集中して作業できる。

今回の確定申告で19万円返還予定

妻が歯の治療を行っており、医療費がそれなりにかかっているので医療控除が適応になること、米国株の配当金が税引き後で1万ドル近くあり、こちらも一部戻ってくるので、問題が無ければ合わせて19万円強変換される予定です。

19万円ってものすごく大きい金額ですよね。米国株からもらう配当金も年々増えており、それに伴い確定申告で戻ってくるお金も増えています。だから確定申告って好きなんですよ。

周辺の同僚に確定申告をしているかどうか聞くと、ほとんどが「していない」です。まず現役世代で医療費に年間10万円以上かかる人が少ないでしょう。私も妻の歯の治療が無ければ10万円は超えていません。

そして日本株の通常売買だと確定申告は不要なので、やはり一般サラリーマンでは数少ない米国株投資家しか確定申告を実施しないですよね。

「払いすぎた税金を取り戻している」のは理屈ではわかっているのですが、感覚的には「19万円の臨時収入」です。

hachi
hachi

株価が下がっている中、現金はいくらあってもありがたい(*’▽’)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました