ダウが大幅下落。お金の器は育つのか

投資
スポンサーリンク

私はNY市場がオープンする前に就寝して、朝4時半に起きて株価を見るのですが、大きく下がっていると朝からテンションが下がりますね。

まあ、下がっていることを気にして寝れないとか言うことが全く無いので、このスケジュールの方が健全です。

実際コロナショックの暴落中も、睡眠は全く問題なく取れていました。夜更かししていたらついつい見てしまう。

前日比-75万円

おかげさまで私の資産も前日比で75万円のマイナスです。投資額が大きくなってくると、数%の値動きで月給以上の額が動く。

私が一生懸命働いて(今働いてないけど)、一か月の給与から税金等を引かれて使えるお金は、多くて40万円程度です。

積立投資をしているのを除けば、30万円がいいところでしょう。30万円で一ヶ月家族3人で生きているのに、一晩で75万円が吹っ飛ぶ。

hachi
hachi

投資額が少ないうちはいいけど、増えてくると数%の値動きの衝撃が大きい

一般労働者のお金の器は育つのか

最近お金の器ということが気になっています。値動きの額に耐えられないのであれば、それは自身のお金の器に対して投資額が大きすぎるというものです。

確かに投資額が2000万円ぐらいの時であれば、20%急落しても400万円です。私だと一年頑張って労働したら何とかカバーできそうな金額で、気にならないかもしれません。

しかし投資金額が5000万円を超えた今、20%下落すると1000万円です。実際3月の下旬にかけては1800万円の資産が一気に溶けました。

1800万円溶けました。元気ではありません。
私は早寝早起きで21時頃に寝て5時に起きてるので(じいちゃんかよ)、リアルタイムで米国市場を見ることはほとんどありません。リアルタイムは気にせずぐっすり寝ています。毎朝5時に起きてすぐに株価をチェックするのですが、もはや「安定の下げ」と...
hachi
hachi

1800万円なんて、労働収入でカバーするのに何年かかるんだ

今勤めている会社に居続ければ、もう少し年収は上がっていくと思います。それでも徐々にだし、平社員であれば1200万円ぐらいが限界でしょう。

税金も多く取られるので、結局のところ労働者の私が使えるお金は、月々40~50万円程度が限界です。

収入が3000~4000万円に増えれば、株式資産が増減しても気にならない額は増えるでしょうが、私のような普通のサラリーマンでその年収にたどり着くのは無理です。

資産額が増えれば増えるほど、インデックスがいいと感じる

私はまだ資産額5000万円程度の小物ですが、これが1億円、2億円と増えてきたとして、毎日数百万円が増減する世界に耐えられるだろうか。

もはや労働収入ではカバーできないレベルの資産額になるのであれば、リスクが少ないS&P500にした方が精神衛生上いいのではないか。

今後も買い増しは続けていくので、いずれ資産額は1億円に到達するはずです。

しかし、私のような一般労働者は、劇的に収入が上がらないのでこれ以上お金の器は大きくならないでしょう。

お金の器が小さいまま資産が大きくなる予定なのであれば、リスクが少ないものがいい。

hachi
hachi

考えれば考えるほど、もうVOOでよくない?と思えてくる

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました