“中卒”だったらどうなっていたか考えるとゾッとする

雑記
スポンサーリンク

時々記載していますが、私は小学校高学年から不登校になり、中学はほぼ行かず、高校は入試試験すら受けていないので全く行っていません。

今更そんなことはどうでもいいのですが、気が付けばそれなりの企業で働いていて、衣食住が満たされた生活を送っていますが、一歩間違えればとんでもないことになっていたなと思うことがあります。

中学が終わるとき、担任の先生(と言っても1回ぐらいしか会ったことが無い)が家に訪ねてきて、「hachi君、高校に行かないって本当か?入試は簡単なところもある。取り合えず紹介するから入学だけしておいた方がいい」と本気で訴えていました。

私はバカでしたので、「なんだこのオッサンは…早く帰って欲しいなー」とほとんど話も聞かず、そのまま先生は帰って行かれました。

今思えば、私のことを心配して本気で言っていたんでしょうね。卑屈で控えめな少年が中卒で生きていけるほど世の中は甘くないと分かっていたのでしょう。

hachi
hachi

すんません( ;∀;)

運よく満たされた生活をしておりますが、あのまま中卒で、特に何のスキルも無く生きていたら結構洒落にならんことになっていたなとゾッとすることがあります。

当時お付き合いのあった同様の中卒?の方々の今を風の噂で聞くことがありますが、なかなか厳しいものがありますね。正社員として雇ってもらえる先も無く、ぎりぎりの生活だそうです。

考えたら無謀すぎるんですよね。

不登校Youtuberみたいなものもいらっしゃいますが、そういう一部の”何か”を持っている人は普通の経歴など必要なくお金を生み出せますが、私のような凡人が尖った人生を歩んでも行きつく先は悲惨な場所です。

よく軌道修正してここに立っているなと思います。

一歩間違ったら…どうなっていたんだろう。70を超えて余生を楽しんでいる両親に未だに寄生しているだろうか。

資産的に私一人分ぐらいは養っていけるでしょうが、40歳が近くなって未だに寄生している子供を抱えるのは、金銭的には何とかなっても精神的にきついでしょうね。

何がどうひっくり返って今のポジションに流れ着いたのかよく分かっていませんが、とにかく周りに恵まれたのだと思います。

hachi
hachi

感謝・・・だな。危なかった。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました