サラリーマン投資家はまず年収を上げることが大事

投資
スポンサーリンク

投資金額がある程度の大きさになるまでは、サラリーマン投資家は中途半端なことより年収の多寡が投資に大きな影響を及ぼします。

厳しい現実ですが一般人の資産規模だと投資の恩恵、損害を受けるレベルですらない。投資額が100万円とかだと、20%増減したところでたかが知れていますよね。

やはり500万円、いや1000万円ぐらいにボリュームが膨らんで初めて「資産」として意味を持つようになってきます。

hachi
hachi

1万円でも1億円でも、金利は平等につくんです。資産が大きい方が低リスクで多くのリターンを得ることが出来ます。

凡人こそ収入を上げることが大事

能力のある人は投資なんかしなくても自分で事業を起こして稼いでいけばいいでしょうが、凡人は誰かに雇われて生きていくのが一般的です。

投資額が大きくなれば配当収入も無視できなくなり、一般的な年収プラス配当収入で節約もしっかりしたら投資額も確保できるでしょうが、収入が少なく月3万円(年間約40万円)しか投資資金が捻出できないとなると、相当な時間を費やさなければ資産は増えていきません。

10年経っても400万~600万円ですよ。厳しいですがこのスピードだと追い付かない。

凡人だからこそ仕事の中身を優先するのではなく、「誰に雇われるか」が非常に重要になってきます。会社の平均年収が低いところに勤めてしまうと、よほど出世競争で勝ち続けない限り高い年収を得ることはできません。多くの人は勝ち残れないので、40代半ばになってもその低い平均年収しかもらえません。

一方会社の平均年収が高い企業に滑り込むことが出来たら、平社員でも年収700万円~1000万円近く貰えるところもあります(うちの会社がそうです)。これなら厳しい出世競争を勝ち上がらなくても、投資資金の捻出はかなり楽になります。

そんな企業無いって?いや、あるんですよ。探してないだけです。年齢を重ねてしまった人は厳しいでしょうが、20代後半から30代前半ならまだ間に合う可能性もあります。

社会人最初の就職活動を勝ち抜く

そう考えたら凡人こそ就活は気合を入れなければなりません。ここで年収が高くなる業界、会社に入ってしまえば、後はそれなりの仕事量でも年収は徐々に上がっていきます。

今でこそ転職する人が増えてきており一流企業でも一生安泰な時代ではなくなりましたが、勘違いしてはいけないのが「転職時の年収が次の会社のベースになる」ということです。つまり初めから年収が低い部類に入ってしまうと、転職してもそこからなかなか抜け出せません。

転職時に大幅に年収を上げる人も中には存在しますが、そういう人はもともと能力の高い人なので正直言ってどこに行っても通用する人です。凡人には当てはまりません。

個人的には非常にくだらないシステムだとは思いますが、能力主義だとか年功序列廃止だとか言っている割に、まだまだ日本社会は新卒一括採用をやめそうにありません。これは凡人にとっては非常にありがたいシステムです。

能力主義採用だと、多くの人間は何もスキルが無いので単純労働しか得られないでしょう。しかし新卒一括採用の場合、今現在スキルが無くてもとりあえず「明るい」、「元気」とかそんな理由で職を与えてもらえます。

あとは滑り込んだ会社で徐々に「その会社でしか通用しないスキル」を高めて年収を上げていけばいいわけです。

凡人こそ、ここは気合を入れて挑んだ方がいい。

収入増が見込めないのであれば、節約するしかない

そうはいっても全員が年収の高い企業に就職できるはずはありません。それは仕方が無いことです。そうなると、徹底して節約して投資金額を捻出するしかない。私の尊敬するよよよ氏は年収が高くないにもかかわらず、徹底した節約でしっかりとした資産を築いた模範的なサラリーマン投資家です。

29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ
移転しました。お手数ですがにブックマーク、リンクの変更などお願いします

この方のブログを拝見していると、世の中の貧乏な人の意見が言い訳に聞こえてしまう。

収入が低いのであればとにかく節約して、月3万円なんてレベルではなくせめて5万円(年間60万円)は捻出したい。

hachi
hachi

理想は月10万ですけどね…。

そんなの無理だ!今の生活も大事だ!と思うのならそれも正しいと思います。多くの人はそれで働きながらそれなりに貯金していると思うので。

しかし、凡人が現在の生活からお金持ちの方向へ進んでいくためには資産を蓄えるしかない。収入が増えないのであれば節約するしかない。厳しいですがこれが現実です。

さいごに

文中に凡人凡人と書かせてもらいましたが、全て私自身を含めております。私も完全に凡人で、大したスキルも持ち合わせておりません。だからこそ入社する企業は選びましたし、入社してからも収入を上げるために努力しました。

上司に気に入られるために興味がない釣りやゴルフをやってみたり、色んなことを試しています。

hachi
hachi

運動音痴なので全く上達しませんでしたが(笑)

そんな過去があってこその今のポジションなので、決して適当に手に入れたものではありません。私の場合それに加え節約も意識しているので、資産の増加スピードは同年代のサラリーマンより早いです。

若いうちは1番に収入を上げること、2番に節約。年齢が高くなり収入が上がらなくなったらさらに節約。そして余ったお金は投資に回す。

こうやって資産を膨らませていくことが、自分で事業を起こせない凡人サラリーマンがお金持ちに逆転する方法だと考えています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました